お酒を飲みすぎると震えが生じます

お酒を飲みすぎた翌日は所謂二日酔いの症状に悩まされることになります。主に頭痛や吐き気などに悩まされることが多いのですが、中には体の震えが止まらなくなり体調が悪くなるといった場合もあります。お酒を飲むと体が震えてしまう原因は、主に3つ挙げることが出来ます。一つ目は体内に取り入れたアルコールの作用により血管が拡張されうことにより、体の外に熱が放出され寒いと感じ震えが生じます。それだけならまだ良いのですが、アルコール中毒の場合も同じように体の震えが引き起こされますので注意が必要です。震えがとまらなくなった後、意識混濁が起こり最悪の場合死に至ってしまう場合もあります。急性アルコール中毒は短時間に大量の飲酒を行ったときに発症しますので、いっき飲みなどを勧められたとしてもしっかりと断るようにしましょう。低血糖の場合も同じように体の震えは引き起こされます。お酒が体内に入ると肝臓で分解されますが、その際の糖分と水分が大量に使用されるために低血糖に陥ります。