お酒を保存しておく時の注意点

お酒の種類によって冷暗所や常温保存、ワインセラーや冷蔵庫などの適正な場所への保管を心がけている方は多いと思います。美味しくお酒を飲むためには保管の温度や環境も重要であり、劣悪な環境にての保管を続けると変質や変色を引き起こし、お酒の風味が変わってしまうこともあります。お酒は一升瓶に入っていることも多いですが、大抵の一升瓶が茶色や緑色に着色されています。この着色は決してデザインの意味合いだけでなく、日光や電球の光などに含まれる紫外線を阻止することを目的として着色されています。一般的に販売されている日本酒は生のもの以外は、瓶に入れる前に火入れという工程を行うことで、酵母の働きを止めこれ以上発酵が進まないようにし出荷されます。しかし火入れを行ったお酒であっても、強い日光や電気などの光を浴び続けることで変質してしまう恐れがあります。そのため、日が当たり続ける場所にお酒を保管することはあまりおススメできません。