酒税の歴史は古くから存在します

現在スーパーや酒屋さんで売っている全てのお酒には必ず酒税という税金が課せられています。消費税と同様のシステムを採用しており、一般的には間接税の中に入ります。実は日本でこうしたシステムが始まったのは最近のことではなく、中世の時代より酒税は導入されていました。そして江戸時代になると、幕府の税収をさらに増やすために酒屋さんに対してお酒の金額の半分もの税金が課せられるようになりました。そして江戸幕府以外にも各地で酒税は導入されており、日常生活に欠かすことの出来ない嗜好品であったことがうかがえます。明治維新以降は新しい税金のシステムが導入され、1875年に酒類税則が定められてました。そして酒類税則の開始から5年後に酒造税が加わり、税収の大きな源となりました。日露戦争にて多額の税金を使用することとなった日本は税収に力を入れ始めましたが、酒税が30年以上の長期に渡り一位の規模を誇っています。